プロフィール

サムずアップ

Author:サムずアップ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ねたばれ映画どっとこむ
この映画見たことあるんだけどどんな映画だったっけ?って人のためのブログです。まあ自分のためなんですが、つらつらと書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然コケッコー (2007年 日)

素朴な少女が田舎で見せる恋

点数58点

あらすじ(ネタバレなし)

  舞台は見渡す限りが山である田舎の木村町。小学、中学の全校生徒合わせてわずか6人しかいない山の分校の生徒そよ(演:夏帆)の所へ、東京から転校生、大沢(演:岡田将生)がやってくる。彼女は彼に興味津々で、彼も彼女に少し気がある様子で・・・。

関連
天然コケッコー  -wikipedia-

天然コケッコー (1) (集英社文庫―コミック版)
------------------------------------※以下ネタバレです。------------------------------------

 あらすじ(ネタバレあり)
 付き合うことになったそよと大沢。夏、冬と季節は過ぎて、そよと大沢は3年生になり、修学旅行で東京へ、そして高校受験がやってくる。

 坊主になるのが嫌で東京の高校へ行くと言っていた大沢だったが、中学のみんなと過ごす内に地元の高校に行くことを決意する。そして2人とも合格し入学するのだった。高校入学からしばらくして町のみんなと中学へ集まる、そこには変わらない皆の笑顔があるのだった。

 約350字感想
  原作はくらもちふさこによる同名コミック。
 今の夏帆にしか出来ない役柄と聴いていたが映画を見て納得。これほど素朴な役柄に合う人はいないのではないかと。監督はリンダリンダリンダの山下監督。女子学生の心理描写って言ったらこの人って感じになりつつあるような。
 映画の内容は舞台が田舎ということあってかの~んびりとした展開で、方言もあってか癒し系(死語ですな)ともいえるゆったりとした感じ。(行って来ます→行って帰ります にはビックリ)

 特に大きな事件も起こらず、一年を丁寧に描いた分、私にとってはちょっと退屈だったかなと。異性のため感情移入しづらいってのもあるのかもしれませんね。
ふと思ったのですが大沢役の岡田将生は最後の一瞬のためだけに坊主にしたのだとしたら、凄いプロ根性だなと(どうでもいいことですね)

最近忙しくてのんびりとした映画を見たいという方にオススメです。

 PS:夏帆は昔から可愛いと思ってましたが、今後もっと活躍する女優さんだと思いますね。岡田将生も妹によると今旬の俳優だとか。花ざかり見てなかったので知らんかった~。


勝手に邪推する作品テーマ:女子中学生の心の内面(?)
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
こんばんは
fc2へのトラックバック不調なんで、コメントでお返しします。

わたしは、最近、何も起こらないゆるーい作品が好きなんで、心地よかったです。
田舎暮らししたい。1ヶ月くらいでいいけど。
【2008/01/22 01:34】 URL | バラサ☆バラサ #- [ 編集]

はじめまして
ショボイ感想にコメントありがとうございます。 最近映画を見るとき、
違う心境とか、もっと若いとき、もっと歳を経て見ると違った見方ができるんだろうなと
富みに思います。 天然コケッコーは社会人になって(まだ学生なんで)見るともっと楽しめるのかなと思ってみたり。

これからもトラバ貼らせてもらうかもしれないのでよろしくお願いします。
【2008/01/22 02:37】 URL | サムずアップ #mQop/nM. [ 編集]

アイススケート
アイススケートを探すなら http://www.umaiumai.biz/101070/407944/
【2008/11/10 14:42】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://outlinema.blog98.fc2.com/tb.php/16-2bf06bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「天然コケッコー」

もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう 田舎の分校・生徒6人の学校に東京からの転校生がやってきた田舎を舞台にした映画。 大事件が起こるわけでも、大展開にぶっとぶわけでもない。 豊かな自然と行事を軸に淡々と進む121... 永遠の自分探し  って迷子やん!!【2008/01/21 06:22】

天然コケッコー

 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』  コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切り ☆彡映画鑑賞日記☆彡【2008/01/21 07:14】

【映画】天然コケッコー

■状況 ユナイテッド・シネマ前橋にてサービスデー価格で観賞 ■動機 夏帆と田舎と方言と、予告とくるりと山下監督 ■感想 本当にいい映画。こういう映画が多く増えて欲しいと願う。 ■あらすじ そよ(夏帆)の通う田舎の学校は生徒児童6名しかいない。ある夏の... 新!やさぐれ日記【2008/01/21 07:34】

ニワトリと犬

「サイドカーに犬」 「天然コケッコー」 Akira\'s VOICE【2008/01/21 10:17】

天然コケッコー(映画館)

もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ひるめし。【2008/01/21 11:14】

天然コケッコー

天然コケッコーというタイトルは、先生オシッコーでもよかったような・・・ ネタバレ映画館【2008/01/21 20:57】

天然コケッコー

「行って帰ります!」 シャーロットの涙【2008/01/21 21:15】

映画[ 天然コケッコー ]思いやりが連鎖する開放的な世界

映画[ 天然コケッコー ]を渋谷シネアミューズで鑑賞。 山下敦弘監督は、[ 松ヶ根乱射事件 ]に続き、今年で2作目。 精力的に作品を手掛けてますね。 本作は、くらもちふさこ原作の[ 天然コケッコー ]。 くらもちさんが描く、子供たちのみずみずしい感性が 画と アロハ坊主の日がな一日【2008/01/21 23:03】

天然コケッコー

今年の夏の邦画では、ひそかに一番期待して待っていたのがコレなのです 八ちゃんの日常空間【2008/01/22 06:42】

「天然コケッコー」

ゆったりした時の流れと窮屈なムラ社会に、異物混入。舞台は、島根県と思しき海の近くの集落。地方都市から更に小一時間列車に揺られてたどり着く場所に、小学生3人、中学生3人が同じ校舎で学ぶ小さな学校がありました。子どものころというのは常に学校と家との往復、そ... -☆ EL JARDIN SECRETO ☆-【2008/01/22 22:11】

「天然コケッコー」

ブラックテイストたっぷりだった山下敦弘監督の前作「松ケ根乱射事件」とは打って変わって、どこまでも清清しく、観ていてすこぶる気持ち和ませてくれたとびっきりキュートな少年少女映画。 「行って帰ります」、「帰りました」、 そんなきれいな言葉使いとともに、大き 俺の明日はどっちだ【2008/01/22 22:45】

【2007-116】天然コケッコー

人気ブログランキングの順位は? 全校生徒たった6人の分校 ど田舎の学校に 東京から転校生がやってきた もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ゆったりと時が流れる ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!【2008/01/27 12:07】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。