プロフィール

サムずアップ

Author:サムずアップ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ねたばれ映画どっとこむ
この映画見たことあるんだけどどんな映画だったっけ?って人のためのブログです。まあ自分のためなんですが、つらつらと書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・レイン (1989年 米)

日本がまともなハリウッド映画

点数 58点

あらすじ(ネタバレなし)

 ニューヨーク市警殺人課の刑事ニック・コンクリン(演:マイケル・ダグラス)は妻と離婚し、その子供の養育費を稼ぐのに日々苦労していた。そして、彼はある事件の麻薬密売品の押収品(金)を横領した嫌疑をかけられ、内務捜査官たちから査問を受けていた。そんなある昼下がり、ニックと、同僚のチャーリー・ビンセント(演:アンディ・ガルシア)は、レストランに居た日本のヤクザの幹部と子分をもう一人のヤクザが刺殺する現場に出くわす。追跡の末、男を逮捕するものの、日本国内での犯罪で指名手配されていたため、その男-佐藤(演:松田優作)を日本に護送することになった。

佐藤を護送する任に就き、日本まで向かう二人だったが、到着した先の空港(伊丹空港と思われる)で警察官のふりをした佐藤の手下たちに佐藤を引き渡してしまうのだった・・・。(wikipediaより)


関連
ブラック・レイン  -wikipedia-
------------------------------------※以下ネタバレです。------------------------------------

 あらすじ(ネタバレあり)
 権限が無いにも関らず、強引に大阪府警の捜査に加わろうとするニックとチャーリーだが、刑事部長の大橋警視はそれを許さず、二人の銃を押収した上で松本警部補を二人の監視役につけた。捜査の方法、日本の風習に戸惑うニックは監視役の松本へ八つ当たりをする。

しっくりこないニックと松本の関係を修復しようとチャーリーがクラブで仲を取り持とうとするが、ニックは佐藤への執着から一人席を外し、クラブ・ミヤコの外人ホステスへ情報収集のため近付く。クラブ・ミヤコの帰り道、ふとしたことからニックはチャーリーとはぐれてしまう。チャーリーは自分のパスポートをコートごと暴走族に奪われたことで、佐藤の罠にはまる。そして佐藤は自分を逮捕した事への復讐として、ニックの目の前で相棒のチャーリーをなぶり殺しにする。ニックは佐藤への復讐を誓い本格的に佐藤を追う事になる。

事あるごとに反発し合うニックと松本だが、やがて彼らの間には、信頼関係が生まれていく。

捜査を進める内に偽札製造を巡る抗争が背景の事件であり、それが親分である菅井と元子分で新興勢力の佐藤との抗争でもある事が判明していく。そしてニックは佐藤が隠れ潜む場所を突き止め、捜索をするとクラブ・ミヤコのホステスの影が見えるようになり彼女を尾行。銀行の貸金庫から"ある物"を取り出し、尾行をまく工作をするもののニックにあっさりと見破られ空港でのニセ警官の一人を見かけその男を尾行することに。佐藤を後一歩まで追い詰めたものの、大阪府警に邪魔された上、取り逃がしてしまう。その上ニック自身勝手な行動をしたということでアメリカへ強制帰還させられることに。松本自身も監督不行き届きで謹慎処分を受ける。

それでも佐藤への復讐を諦めきれないニックは、出発直前の飛行機から脱出し、松本のいる家へ向かい再び捜査をしようと持ちかけるが、松本は協力しないと言うのだった。

ニックは単身、菅井の元へと駆け込み、佐藤を倒させてくれと頼みこみ、佐藤が現れる現場の情報を得る。

佐藤が現れる現場にいたニックは意を決した松本と再会,結託し、
佐藤をついに追い詰める。

ニックと松本が佐藤を逮捕し、警察に現れ、二人は後日表彰されることになる。
そしてニックがアメリカへ帰国することになる。二人は互いに贈り物をし、固い握手を交わした後、松本がニックからもらった物を開けてみると、そこにはなくなったと思った偽札の原版が入っていたのだった。

 約300字感想
 大阪を舞台に撮られたハリウッド映画なのですが、ブレイドランナーばりにスタイリッシュに撮られていて公開当時は、大阪の人も新鮮だったそうですが、今見ても確かに同じような印象ですね~。観るのは2回目(前回はオリジナル、今回はTV放映を吹き替えで)なのですが、最後のシーンが好きですね。あと日本人キャストもいい味だしてます。洋画でよくある変な日本描写もないですし、他の洋画もこれくらい見習って欲しいものですねえ。

ラストの佐藤を捕まえるシーン、バイクの後輪,杭などが出てきてこれで佐藤を殺すのかなと思っていたのに、結局逮捕するので、あらら?と思っていたらどうやらラストは佐藤が倒されるのと、逮捕される2パターンがあったみたいですね。

勝手に邪推する作品テーマ:価値観の違う二人のコンビの友情(?)
スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
納得する金融商品選び
金融商品の検索サイト。比較、会計基準、金融商品取引法、ランキング、種類など金融商品に関する各種情報をお届けしています。 http://westsearch.atmormortgage.com/
【2008/08/24 02:19】 URL | #- [ 編集]

放送作家研究
作家の検索サイト。女性、絵本作家、構成作家、ガラス、放送作家など作家に関する各種情報をお届けしています。 http://dawk.shipsparesandrepairs.com/
【2008/10/18 13:18】 URL | #- [ 編集]

ツアーコンダクター
ツアーコンダクターとは、旅行会社が企画・主催する団体旅行(パッケージツアー)に同行して、旅行が快適に予定通り進行するよう、旅行者を案内、世話する添乗員の資格 http://darnel.markjacobsesq.com/
【2008/11/04 05:19】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://outlinema.blog98.fc2.com/tb.php/20-d9b928bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。